【短編小説】空色の秋刀魚をクレヨンで
other
5ad45725434c72680d0000bb 5ad45725434c72680d0000bb 5ad45725434c72680d0000bb 5ad45725434c72680d0000bb 5ad45725434c72680d0000bb 5ad45725434c72680d0000bb 5ad45725434c72680d0000bb

【短編小説】空色の秋刀魚をクレヨンで

¥500 税込

送料についてはこちら

【Description of book】 土方劈史郎著「空色の秋刀魚をクレヨンで」 昭和48年、和歌山県にて出生。 私小説家、兼、調理人。 小学三年生、国語の授業時に書けと命じられた「私」と題する作文で、見事な嘘八百を並べ立て、担任教師から(どこか羨望的な眼差しをあらわに)微妙なお叱りを頂戴したのをきっかけに、「物語」を捏造するという悪事に手を染める。 中卒。 無冠。 著作に、「劈史郎」「提灯鮟鱇」「幸福に忌々しき日々を」「四十雀」「虹のあと」「ワレガとウラガ」他。 尚、某出版社主催の公募新人賞に、余程、因縁があるらしく、毎年毎年、呪いの如くに原稿を送付し続けている。 また、そうし続けていることに「生きている。」喜びと惨さを同時に噛み締めている、センチメンタリストでもある。 【発行概要】 ■A6版(文庫サイズ) ■28P(表紙含む) ■発行部数/初版30部 ■帯出演/DJヒレ一口カツ1280 コメント「地獄をも飛び越えてしまった男とその家族の物語」 商品画像は ・お客様のお使いのPCや携帯の環境 ・商品写真の撮影環境 により、実際の商品と、色味や質感が異なる場合がございます。 ご理解のほど、何卒宜しくお願い致します。